郡山市東部森林公園のホームページへようこそ!!

郡山市東部森林公園
〒963-1151
福島県郡山市田村町金沢字大六149-1
TEL.024-955-4001
FAX.024-954-4860
 

公園だより

 

日々の公園

日々の公園
フォーム
 
春の景色(その5)
奈良の八重桜の花が咲き始めの状態(蕾の先端が赤色に見える状態)です。この状態から花びらが100枚以上の花になるとは想像できません。4月23日
 
春の景色(その4)
写真手前右が緑桜で奥左が雅です。緑桜は花のガクが緑色であることから、花が咲いている木全体が緑色に見えます。雅は色鮮やかな桜で、皇太子妃雅子様のご成婚を記念して名付けられたといわれています。4月22日
 
春の景色(その3)
オカメという桜です。カンヒザクラに似ていますが、花は平開します。斜上する枝が多く、花色が濃いため、普通の桜とは異なった感じがします。4月17日
 
春の景色(その2)
今回もショウジョウバカマです。林内の花は見ごろとなっています。常緑の葉は、まだ青々としていませんが、林の木々の葉が展開する前の時期、太陽光を十分受け栄養を蓄えます。4月15日
 
春の景色(その1)
四阿の傍にまだ花茎が伸びていませんが、ショウジョウバカマが咲いていました。株の中央に一つしか芽をつけていないものは、花を咲かせません。栄養が充実した株にならないと花は咲きませんが、この写真のものは見るからに小さいです。4月6日
 
冬の景色(その7)
トチノキの冬芽です。トチノキの大きな葉が折り畳まれている冬芽は大きく、表面は粘性物質で覆われており、べとつきます。冬芽は頂芽優勢で、春になると直線的にぐんぐん伸長します。2月19日
 
冬の景色(その6)
ノウサギの足跡です。縦に2個連なっているのは前足で、横に2個並んでいるのは後足の跡です。進行方向に向かって、後足が前で前足は後となります。後足はジャンプ力が強く地面に着くときは、前足より前に着地します。1月25日
 
冬の景色(その5)
オニグルミの枝の先の写真です。枝先には冬芽があり、芽を冬の寒さと乾燥から守るため、鱗片といわれる葉が覆っています。冬芽の少し下には葉が付いていた痕跡(葉痕)があり、動物の顔のようにも見えます。葉痕は木の種類によって様々です。葉痕を見比べると面白いです。1月12日
 
冬の景色(その4)
子福桜です。冬なのに暖かい日が続いていたため、花が再び咲き出しました。冬の子福桜は花は小さいのですが、花弁数が春と同じくおよそ40枚あります。雪が降れば、雪の中の桜という風景が見られると思います。12月23日
 
冬の景色(その3)
大阪冬桜が数輪花を咲かせています。冬季に花が咲いても果実ができることは困難です。季節はずれの花は、人にとっては観賞価値があるのですが・・・。12月10日
qrcode.png
http://f-tobu.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<郡山市東部森林公園>> 〒963-1151 福島県郡山市田村町金沢字大六149-1
TEL:024-955-4001 FAX:024-954-4860